読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞味期限切れのぱん

まじめなことを書く予定ではあります

初めて友人の結婚式に出席したら最高だったので、結婚式の役割について考えてみた

スポンサーリンク

 こんにちは。

 2016年2月28日に友達の結婚式に出席して参りました。友人の結婚式は人生で初めてだったので大変緊張しました。しかし、そんな緊張が吹っ飛んでしまうぐらいに満たされた気持ちになりました。そのことについて書こうと思います。ちょっと内輪ネタっぽいところがありますがご了承ください。

結婚式をやる意味

 今回は僕が結婚をしたわけではないので、あくまでも外から見た結婚式の役割について考えてみたいと思います。
 僕は結婚式は親への礼儀、親族への挨拶として開かれるものという印象がありましたが、今回参加してそれだけではないなと感じました。

1.挨拶による人間関係の確認

 結婚式では挨拶が何度か行われます。そのなかでもとりわけ重要なのが友人挨拶です。もちろん会社の上司による挨拶も重要ですが、これに関してはほぼ選択権なく決まっています(もちろん人によると思います)。しかし友人挨拶は別です。これまで自分がプライベートで築いてきた人間関係の中から、自分にとって最も重要な人物にお願いする。大学の同期であったり、長い付き合いのある幼なじみであったり。自分を心から祝福してくれる友人を選び、その友人から想いのこもったメッセージを受け取る。そこに意味があります。
 熱いメッセージのこもったスピーチというものは一朝一夕には出来ません。結局は積み重ねてきた時間があるからこそ想いが伝わってくる。それに伝えたい想いがあるからこそ、たくさんの関係者が見ている緊張感のある場に立ってくれている。今回、僕は新郎新婦両名の友人のスピーチにとても感動してぼろぼろ泣いていました。それはスピーチの内容が素晴らしかったというのもありますが、新郎新婦を心から祝福していることがひしひしと伝わってきたからです。「こんな友人をもって幸せだな」とか、「結婚おめでとう」とか、そんな感情が湧いてきました。きれいに飾られた言葉ではなく、自分の言葉で自分の気持ちを伝える。結婚式は照れはなくストレートな気持ちをぶつけることができる珍しい場であると思います。そのような場で、「こんなに祝福してくれてありがとう」と思えること。そんな友人がいること。それが絆になり、つながっていくのだと思います。

 今回の式で友人挨拶を行った彼らと新郎新婦は本当に親友なんだなと感じましたし、あったかい気持ちにさせてくれました。もう号泣でした。

2.きちんと祝われてきちんともてなす

 強制的に参加させられていないかぎり、新郎新婦の結婚を心から祝福したい。そのために式を盛り上げたり、サプライズを用意したりする。友人挨拶も同じだと思います。
 今回、僕は新郎新婦が過去に関わってきた先輩や後輩からメッセージを集め、製本化してプレゼントするというサプライズを仲間と一緒に担当しました。それは何かをやりたい祝いたいという気持ちがあったからやったことで、一緒に手伝ってくれた友人たちも同じ気持ちであったと信じています。喜んでもらいたいからやる。ただそれだけの単純なことです。結婚式に出席した人は、何かしらのおめでとうを伝えるために式に出席しているのだと思います。
 では、新郎新婦が結婚式に友人を呼ぶ理由はなにか。礼儀といえばそれまでですが、祝われたいという気持ちだと思います。結婚するという人生にとって大きなイベントを友人たちから祝われたい、一緒にこの特別な時間を共有したい、という気持ちだと思います。多くの人に祝ってもらいたい。当然の気持ちだと思います。 大切なのは祝ってくれる人たちをもてなすという気持ちです。料理であったりプレゼントであったり、みんなに楽しんでもらうことを忘れないこと。祝ってくれてありがとうの気持ちを忘れないことだと思います。

 今回の式では、祝う側も祝われる側もとても満ち足りた表情をしており、催し物自体も互いを思いやるものになっていました。なによりサプライズを喜んでくれて本当に良かった。ありがとう。

3.二次会で見られる知らない関係性を知る

 二次会では披露宴とは異なり、はっちゃけた雰囲気になります。その時に新郎新婦の過去の関係が見えてきます。大学時代に知り合った仲であれば、それ以前の人間関係を知ることは出来ません。今と同じような関係を築いてきたのか、それとも異なる関係を築いてきたのか。それを肌で感じることができます。
 実際にイベントを通して関わっていく中で、自分のもてなし方とは大きく異なることが分かりました。いつもと違うノリでしたが、根底にある「おもしろくしたい」という気持ちは同じであるように感じました。そのためイベントも一緒に盛り上げることが出来ました。それが合うか合わないかは蓋を開けてみればわかりませんが、新郎新婦の立ち振る舞いからわかる自分の知らない友人との距離感を知り、新しい一面に気づくことができると思います。

結婚式は人を幸せにする?

 すると思います。というかします。しないといけない。
 結婚式は準備も大変ですが、式中もすごく大変。料理は食べられないし、ずっとマスコットのように写真とられるし、お色直しとかあるし。それだけ大変だとわかっていて、親への礼儀とか親族への挨拶とかだけで終わらせてはもったいない。それなら小規模の結婚式でいいし、わざわざ友人たちを呼ぶ必要もない。
 大きな会場でやる以上、多くの人から祝われて、多くの人をもてなして、最高の結婚式だったと言って帰ってもらわないと。そして幸せを振りまいて、「あー結婚式をあげたい」と思わせないと。素晴らしい式でみんなを幸せにしないと。それが最高の形だと思う。


そんな素晴らしい結婚式に参加した今の気持ち「あー、結婚したい。」